白猪の滝

白猪の滝

GWに用事があったため地元の松山に帰っていました。地元なので今更観光でもないのですが高校の時に足繁く通った白猪の滝に20数年ぶりに行ってみることにしました。メンバーは自分(40代)・嫁さん(内緒)・兄貴(40代)・母親(70代)の計4人です。親と嫁さんが最近膝が〜とか股関節が〜とか行っているのでどうなるのかな?と思いつつ出発です。

白猪の滝とは

皿ヶ嶺連峰県立自然公園の中にある高さ96mの滝。重信川の上流、表川白猪越の渓にかかり、その落下する姿はまさに自然の偉大さを感じさせます。四季それぞれに美しい景色ですが、特に冬の風景は幻想的。厳しい寒さが数日続くと、滝の水が凍りついて滝全体がまるで氷の彫刻のような姿を見せます。

 〜東温市のHPより〜

松山からの道順

松山市からは国道11号線を東温市へ向かって進み川内ICを過ぎて4キロほど走ったあたりに桜三里の標識が有ります、その標識を100メートルほど過ぎたあたりに陸橋があり国道494号(石鎚スカイライン)へ右折します。右折したら「白井滝 5キロ」の標識が見えます。あとは5キロほど走ると「白猪の滝公園 無料駐車場」という看板が見えてきて到着です。

駐車場

無料駐車場の案内板を見てみると滝のすぐ近くに有料駐車場があるとのこと・・・年長者2人が最近「膝が〜」とか「股関節が〜」ってよく言っているので、間近まで行って有料駐車場に停める?という話にいなりました。ちなみに無料駐車場内にもトイレはもちろん有りますよ〜


この判断が後で後悔することになるんですね〜それでは有料駐車場までレッツラゴーとなったのですが、道が・・・狭いんです。舗装はされているのですが幅が狭く途中からはほぼ林道状態になります。軽四とかなら問題ないかもしれませんが、うちのイプサム君では結構きついです。対向車来ないで〜って心の中で祈りながら進んでいくと有りました、有料駐車場!!!ちなみに駐車料金は300円でした。

ここから滝まではあと500メートルだそうです

白猪の滝到着

日頃運動をしていないメタボのはねるにとってたった500メートルとはいえ山道はこたえました(高校生の頃は軽やかに登っていたのですが嫁は信じてくれず・・・)

途中こんなミニ滝を眺めつつ
たどり着きました20年ぶりの白猪の滝

反省点

松山に帰るときはこの滝に来る予定はなかったので、三脚を持ってきておらず、カメラもいつも持ち歩いているSONYのNEX5RにNDフィルターを付けてシャッター速度を手ブレしないギリギリまで長くして撮影してみましたが、後でPCで確認してみるとやはり切れの無い手ブレの写真が多くブログに載せれるような写真は少なかったです(´・ω・`)

近い内にα90と三脚とND32フィルターと広角レンズ取り揃えてリベンジに行ってきます

 

ドライブカテゴリの最新記事

PAGE TOP