2泊2日門司観光〜その1〜

2泊2日門司観光〜その1〜

 年も開けてしばらく経ちますが、やっと新年一発目のブログの更新です。

出発 

少し前の話になりますが、せっかくの2月の3連休(我が夫婦は2連休ですが)なのでTOMで遊びに行くことにしました。その前の週末も蒜山の「蒜山雪恋祭り」に遊びに行きましたが、嫁が雨女力発揮して大雪ならともかく大雨・・・なんとなく消化不良なので今回は北ではなく西に向かうことにしました。我が家は夫婦共フルタイム勤務をこなしてから出発です。(これも毎度のパターン・・)

西に向かって移動するときの定番ルートは玉島~福山西まで山陽道にのって福山からは松永バイパス・赤坂バイパスそのあと志和ICまでは2号線を延々と走ります。

夜遅い時間にこのルートで走ると福山西から志和までストレスなく走れます。もちろん高速道路より時間はかかりますがほとんど疲れることなく広島近くまで走れます。本庄から高速に乗ると下道と違い風景が単調で睡魔が襲ってきます。最初は宮島SAで仮眠しようかと思ったのですが、なにかのオフ会なのか一昔前の峠を責める漫画に出てくるような車が集結していて、そのドライバーと思われる人が結構な人数で駐車場内で井戸端会議をしていてちょっと気味が悪いです。嫁さんが嫌がったので宮島SAをパスして次の玖珂PAに仮眠場所を変更してもう少し移動することにしました。

玖珂PA

ごくごく普通のPAです。ついた頃にはすでに23時を回っていました、駐車場の混み具合は7~8割程度でそこそこ混み合っていましたがベストボジションでは無いですが、なんとかベターな場所を確保することができたのでここで仮眠をとることにしました。

  • 住所:山口県岩国市玖珂長340−19
  • 駐車スペース:大型39台 小型30台 兼用2台 二輪4 トレーラー4台
  • トイレ:男 大3 小7 女14

NEXCO西日本のHPより:https://w-holdings.co.jp/sapa/2399.html

比較的出入りの多いPAみたいで音は結構うるさかったです。どこのSA・PAでも同じですが、大型車が普通に小型ゾーンに入ってきて一晩中隣でエンジンをかけたまま仮眠しています。小型大型の分離は全くできておらず、この夜に限っては宮島SAよりは不安は少なかったですが、ほかに選択肢がない場合以外の仮眠にはお勧めできないPAです。

 

2月10日(日曜日)

なんとか6時起床っていうよりこの日は寒さで目が覚めました。暖房をつけて暖をとりながら朝食を取ったらだいぶ体も暖まってきました。朝ごはんも食べたし長居は無用です、とっとと出発します。

活動開始してまず向かったのは唐戸市場です。

ネットで門司観光を検索していると唐戸市場によっているブロガーさんを見かけたので嫁さんと河豚!!って言いながら唐戸市場に向かいます。

唐戸市場

TOMでの移動は前車のイプサムに比べ2割り増しぐらい時間がかかる気がします。市場の会場が日・祝は8時なので9時ぐらいには着きたかったのですが市場周辺には既に渋滞が始まっていてあと残り数百メートルからなかなか進まなくて進まなくて困りました。結局市場に到着したのは11時・・・のんびり走りすぎました。 さて、ついたのは良いのですがさてどこの駐車場に入れようかなということになり、車の列についていくと皆んな唐戸市場有料駐車場に向かって進んでいきます。まぁ、市場の駐車場ならトラックとかにも対応しているかな?と思いついていき、駐車場整理のオジさんに「高さは〜?」と聞いたところ各階によって違うとのこと・・・オジさんにこの車は?って聞いたら「ん・・・」と微妙なお言葉が。駐車場の入り口まで行ってみるとその理由がわかりました。

既に3.1メートルまで行ける1Fは満車になっており、2Fの2.7メートルは多大丈夫だけど正直微妙・・・ここに停めることは諦めました。

今まで市場は築地の場内しか行ったことが無いのですが、唐戸市場の場内・外共に人でごった返していました。

週末と日・祝限定の馬関街という催しをしているらしく、タケショーさんでお寿司と揚げ物と河豚汁をゲットしました

どこで食べるかというともちろんTOMの中で、人でごった返している場内と皆さんが寒空の中食べてるのを横目に駐車場のTOMに向かいます。嫁さんとノンアルビールで乾杯しつつ美味しくいただきました。こういう時にキャンピングカー最高!!って思います。

唐戸市場を堪能した後は、今回の目的地である門司港に向かいます。

その2へ続く

車中泊の旅カテゴリの最新記事